今まで男性とお付き合いした事がありません。これから恋愛が出来るか不安です。|男性公務員との婚活・出会いを応援

警察官・消防士・自衛隊・教師限定編 男性公務員限定編 公務員婚活アドバイス 婚活のお役立ちインフォメーション 公務員の方におすすめ!ブライダル情報センター公務員コース(男性向け) 公務員の方と出会いたい!ブライダル情報センター男性公務員コース(女性向け)

ネット婚活で出会いがひろがる ルミエール、無料おためし会員様検索はこちらから

公務員婚活アドバイス

ホーム > 公務員婚活アドバイス > Q24

[Q24]お付き合いしている彼の経済面が不安で結婚に踏み切れません。

Q24イメージ

本当に彼と結婚したいと考えているのであれば将来設計を話し合い、あなたも収入に協力する姿勢が大切です。

結婚を考えている彼がいるけれども、彼の収入が少ないために、結婚の決断が出来ないとのこと。
お付き合い段階では彼の収入面を気にすることは少なかったでしょうけれど、結婚相手となるとかなり重要視される面ですね。

彼とは将来設計について話し合ってらっしゃるのでしょうか。
あなたが結婚をするにあたってどうしても譲れない一番のポイントが「収入」であれば彼のことをあきらめざるを得ません。
しかし、結婚を悩まれているということは、「収入」以外に彼との結婚生活に魅力を感じていらっしゃるからではないでしょうか。そうであれば、ふたりでこれからの将来設計について一度話し合ってみるのをおすすめします。
彼の収入だけで結婚後の経済面が不安ということであれば、あなたも収入に協力するよう努力しましょう。

POINT.1 まずは、お相手と将来について話合いましょう。

結婚相手の収入を重視するかというアンケートでは、8割近くが重視すると答え、7割近くの方が自分より少ない収入の方とは結婚できないと応える結果となりました。
結婚相手の理想の年収は、500万以上とか、700万以上などという女性が少なくないですが、それはどこから計算した金額なのでしょう?ネットや一般論でそう言われているから、イメージで言っているだけなのではないでしょうか。
彼の経済面が不安とのことですが、具体的にどのくらいだから不安であるかを彼に伝えられますか?

あなたの現在の収入がいくらで、結婚後生活水準を下げたくない、これからこういったことをしていきたいと考えているから、このくらいの収入が必要だと考えを持っていなければ、お相手に求める年収がいくらでも何の説得力もないでしょう。

婚するとしたら、どういった将来を描いていきたいのか真剣に話し合うことをおすすめします。
結婚する前にこういった現実的な話は避けたいと考えてしまうものですが、結婚後にこんなはずではなかったという結果になる前に必ず確認しておくべきです。「結婚すればなんとかなる」といったあいまいな考えで結婚してはいけません。住みたい家はマンションなのか一軒家なのか、子どもがほしいのかそうでないのか、お互いの貯金はどのくらいなのかなど、一つひとつ率直に意見を出し合ってみましょう。
希望レベルの話し合いで構いません。話しているうちにお互いの希望を叶えるためには、大体いくらの収入が必要かということがわかるでしょう。

大体の必要収入がわかったところで、彼の現在の収入で問題ないか、どれほど足りないかということも見えてきます。
彼が公務員であれば集礼的に収入が増える見込みがありますからカバーできることもあるでしょう。もしくはあなたが共働きをすることでカバーしたり、生活レベルを見直したりということがはっきりしてきます。

POINT.2 お相手ばかりに求めず、あなたも協力しましょう。

日本経済は先行き不透明で、安定して給与が得られる時代ではなくなりました。
今現在一定の収入があったとしても、1年後、5年後には分かりません。会社さえ、存続しないかもしれません。こんな状況では男性のみの収入に頼っていくのは、難しいでしょう。
公務員であればよほどのことがなければ他の職業に比べると経済面は安定的です。
その上で経済面を不安視されるのであれば、あなたがお相手にばかり求めて、彼に依存し過ぎていた部分はないか見つめ直すことをおすすめします。

現実的でシビアな話をするときは結婚前も結婚後も言い方が重要です。
彼の収入や仕事を頭から否定して、彼のプライドを傷つけないようにしてください。
彼が結婚を意識しているなら、ご自身の収入が少ないことを申し訳ないとさえ思っている可能性があります。それをあなたから冷たい言葉で指摘されると話し合いどころではなくなってしまうでしょう。

「あなたと幸せな将来を考えているからこそ、どうしたらいいか一緒に考えたい」といった前向きな気持ちを伝えるようにして、乗り越えていきましょう。言い争いになるだけで話が進まなかったり、そもそも彼が「結婚すればなんとかなる」と考えていたりするのであれば、結局この先うまくいかなくなります。
必要以上にお相手が卑屈になったり、話し合いにならなかったりする場合は、結婚相手としてふさわしくないと見極めもできるでしょう。もし、あなたが現在の生活レベルを落としたくないから結婚したくない、二人で経済を安定させようと協力する気もないと考えていると伝われば、彼から去られる可能性もあります。

まとめ

「収入」によって結婚できないということは基本的にありません。「お二人の収入」で身の丈に合った生活をしていけば良いのです。しっかりと将来設計を考えていくようにしてみてください。
全てがパーフェクトなお相手は存在しませんし、結婚はどこかに落としどころを見つけていく必要があります。「収入」が少なくても彼の長所にあなたが結婚相手として重要視する条件が含まれているのであれば、結婚を前向きに考えても良いのではないでしょうか。
あなたの場合、彼との結婚の障害が「経済面」であるのならば、お互いの努力次第で十分カバーできる問題です。

結婚に際して「経済面」は重要な問題ですが、それが全てではありません。結婚するにはお互いの良いところを認め合い、どんな問題でもきちんと話し合え、二人で乗り越えることができる信頼関係が築けるかどうかが重要です。
お互いの将来について前向きな気持ちで話し合いをしていきましょう。

Topへ

© EXEO JAPAN All Right Reserved.