初デートのお勘定は男性が支払うか割り勘にするか?|男性公務員との婚活・出会いを応援

男性公務員限定編 警察官・消防士・自衛隊・教師限定編 公務員婚活アドバイス 婚活のお役立ちインフォメーション 公務員の方におすすめ!ブライダル情報センター公務員コース(男性向け) 公務員の方と出会いたい!ブライダル情報センター男性公務員コース(女性向け)

ネット婚活で出会いがひろがる ルミエール、無料おためし会員様検索はこちらから

公務員婚活アドバイス

ホーム > 公務員婚活アドバイス > Q1

[Q1]初デートのお勘定は男性が支払うか割り勘にするか…
どちらが正しいのでしょうか?

Q1イメージ

あなたが今後どのようなお付き合いをしたいかによって変わります。

さまざまな掲示板や質問コーナーでも意見が分かれる永遠のテーマですね。お金の問題は難しいので、これぞ正解といえる回答はないと思います。
しかしあなたはきっと、その方とこれから長くお付き合いしたいという思いがあって初デートに挑むはず。特に初デートは、お互いのことを知るチャンスであり、仲を深める為の大切なイベントです。婚活パーティーなどで出会ったカップルならなおさらでしょう。そんな時に支払いのことでぎくしゃくすれば、せっかくの初デートが台無しになりかねません。
一般的には収入が安定していると思われている公務員男性。デートの前には男女ともに、スマートなお勘定のマナーを知っておきましょう。年齢や収入の違い、どちらから誘ったかなどというような状況でも違いますし、その人の育ち方、生きる姿勢、金銭感覚によっても個人差がもっとも出る部分です。
これから長くお付き合いするための、良いスタートを切れるようにしましょう。

CASE.1 お互いの年齢が近い場合

年齢だけではなく収入面や環境も公務員男性と女性が近ければ、金銭面でも比較的フラットな関係でいられるでしょう。
最初はどちらが支払っても問題ありませんが、最初の店は自分で次の店はお相手…という風でも良いかもしれません。その際は男性が食事代、女性がお茶代というふうに男性側が少し多めに負担するという形がスマートでしょう。
割り勘の場合は、二人で財布を出して、ジャラジャラ小銭のやりとりをするのはあまり良い印象ではないので、どちらかがさっと会計を済ませたいですね。
また、金銭的に無理でなければ、初デートは男性が全て負担という形も理想的です。ただし最初にこれをやってしまうと、2回目からのデートでも当たり前のように男性が支払う…という関係になってしまう可能性も。最初のデートの際にお金に対する考え方をさりげなく示しておけば、お互い安心ではないでしょうか。
そして、どんな場合でも「ありがとう」の言葉を忘れないようにしましょう。婚活パーティー直後に急にカフェに行くというようなシーンでも同様です。一概には言えませんが、年齢が近くフラットな関係といっても金銭面では男性がリードし、女性から頼りになる男性であることを最初にお相手に印象づけることがおすすめです。

CASE.2 男性の年齢が女性よりも年上の場合

男性が年上の場合は、公務員男性だからということだけではなく、精神的にも金銭的にも男性が自立していることが求められます。そのため、男性が全額負担するくらいがお互いにちょうど良いかもしれません。
女性のタイプにもよりますが、男性の年齢が上である以上、精神的にも金銭的にも女性をリードするほうが上手くいく傾向があります。年下の彼女が持つ年上の彼氏に対するイメージを崩してしまうと、その後のお付き合いが難しくなってしまうので注意しましょう。
だからといって、女性側も「男性が払って当たり前」と思わずに、「お茶代だけでも払わせて」「今度は払わせて下さいね」など申し出ることも大切です。ここでその申し出を男性がありがたく受けてももちろん良いのですが、出来ればレストランなど外食での会計は公務員である男性が支払うほうがスマートに見えるでしょう。特に初デートでは、年上男性としての行き過ぎないプライドを示すことも大切です。
そしてお付き合いを続けていくうち、手料理を振舞ってもらう、お弁当を作ってもらう等、別の形でお返ししてもらえれば良いのではないでしょうか。

CASE.3 女性の年齢が男性よりも年上の場合

婚活パーティーでも人気の、女性が年上というパターン…このカップルにおいては、お互いのプライドを大切にすることが大きなポイントです。
基本的に男性は、いくつであっても「女性から頼ってほしい」「自分を認めてもらいたい」などのプライドを少なからず持っています。年上だからといって女性に割り勘の申し出をされてしまうと、「頼りにされてないのではないか」とネガティブな気持ちになってしまうこともあるので気を付けましょう。
割り勘を申し出る年上女性としては、おごられて当然という態度を取ると「自立していないのではないか」「図々しい女性と思われないか」などの思いもあるでしょう。しかし決して男性を頼りないと思っているわけではありません。
そして、女性は男性におごってもらうというのは損得だけではなく、すごく嬉しいということも男性側には知ってもらいたいところ。それは損得を越えた感情で、『女性として愛されている感覚』と、その『男性を頼もしく感じる気持ち』というのがあるからなのです。
そんな女性の気持ちを察しながら、デートの会計時は、公務員男性が上手にリードすることがおすすめ。年上女性の心情は非常に複雑ですが、初回のデートで甘えられる存在だという点をアピールできれば、大人のお付き合いが続けられるのではないでしょうか。

Topへ

© EXEO JAPAN All Right Reserved.