婚活の時代事情|男性公務員との婚活・出会いを応援

全国47都道府県で開催!男性公務員限定編婚活パーティー 公務員婚活アドバイス 婚活のお役立ちインフォメーション 公務員の方におすすめ!ブライダル情報センター公務員コース(男性向け) 公務員の方と出会いたい!ブライダル情報センター男性公務員コース(女性向け)
婚活の時代事情

ホーム > 婚活のお役立ちインフォメーション > 婚活の時代事情

婚活の時代事情

今では当たり前となっている婚活。
数十年前には婚活という言葉が存在していなかったどころか個人で結婚相手を見つけることすら許されていない時代もありました。日本における婚活は時代によってどう変化してきたのでしょうか。

結婚に対する考え方の変化

結婚に対する考え方の変化

現在では「好きになった異性と結婚する」ということが当たり前となっています。
かつて、結婚とは家同士の結びつきや子孫を残すためのものであり、結婚する当人たちの気持ちは無視されることも少なくありませんでした。
親が婚約者を勝手に決めることが珍しくなかった時代もあります。そのため以前は若いうちに結婚するのが当然であり、結婚しないという選択肢はほとんどありませんでした。
またお互いに気持ちが通じ合っていても親族が許さなければ結婚は認められず、無理矢理引き裂かれる二人や駆け落ちを図る恋人同士も多かったと言われています。また結婚相手とうまくいってもいかなくても、一生添い遂げることは当たり前のことでした。
戦後、民主国家となった日本には西洋の現代的な思想が取り入れられ、仕事の多様化や女性の社会進出によって結婚についても自由な考えが徐々に広まりました。結婚をいつするかだけでなく、結婚自体をするかどうかという選択が出来るようになったこと大きな変化だと言えるでしょう。
その一方で、放っておいても適齢期になれば誰かが結婚話を持ってきてくれていた昔とは異なり、人と人との結びつきが弱くなったとされる現代社会では良い縁を見つけにくい場合もあります。その結果、結婚したくても出来ないという一が増えており晩婚化・少子高齢化問題へと繋がっています。

10年前までの婚活

婚活=結婚活動という言葉はなかったにせよ、婚活に当たる出会い探しの場は以前から存在していました。
ほんの10年ほど前までは今のように様々な婚活の形式はなく、結婚相手を探すといえば知人からの紹介や結婚相談所でのお見合いというパターンがほとんどでした。職場の上司等に仲人を頼む人も少なくありませんでした。
そんな日本で初めての仲人業が誕生したのは1880年と言われており、1933年になると東京で公立の結婚相談所が開かれて注目を集めました。それ以後は戦中・戦後の混乱から結婚適齢期の男性が激減したことで集団お見合いや自治体のパーティーが開かれるようになり、結婚相談所も各地に広まっていきました。

現代人の結婚観と婚活・結婚事情

現代人の結婚観と婚活・結婚事情

以前の恋愛は結婚を前提とするもので、適齢期になれば結婚をするのが常識でした。現代では恋愛と結婚を切り離して考える方が多く、仕事のやりがいなどから結婚を後回しにする人も増えています。その結果、結婚をしたいと思った時には出会いの機会が既に減っており、あえて婚活をしないと結婚が出来なくなっている人が少なくありません。
恋愛や結婚に対する意識がより自由になったことで晩婚化が進んでいる点は問題視され、また若者が都会に出たことで地方の過疎化や第一次産業での嫁不足が進んでおり、過疎地域では人口を増やすために自治体が婚活イベントを行うところも増えてきています。
そこで、もしこれから婚活を始める場合にはまず、どういった結婚をしたいのか、結婚生活はどのようなものがいいかなどを具体的に考えてみるといいでしょう。そこで重要なキーワードとなるのが共働きを希望するかどうか。もちろん100%希望通りのお相手と出会えるとは限りませんが、自由な結婚が出来る現代では結婚に対する考えや譲れない条件を整理しておくことは大切です。
またもし結婚をしたいと考え始めたら、なるべく早い段階で行動に移す(婚活を始める)のがゴールインへの第一歩となります。ただ待っていても出会いはやってきません。

婚活ブーム以降の婚活・結婚事情

婚活ブーム以降の婚活・結婚事情

数年前の婚活ブーム以降、結婚をしたい独身男女が出会い探しのために「婚活」をすることが一般的となりました。
恋愛結婚が当たり前となった現代ではお見合いなどの婚活で出会った場合でもすぐに結婚の話を進めるのではなく、結婚を意識しつつもまずは恋愛を楽しんでから次のステップに進む人がほとんどです。
親から結婚を急かされたり、同年代の友人の結婚を間近で見たりして結婚を意識するようになった人にとって、身近に出会いの機会がない場合には何から始めればいいのかわからなくなるものです。
でも安心して下さい。現在では婚活ブームにより様々な出会いの場があります。なるべく自然な形で出会いたい、結婚について意識の高い方のみと出会いたい、まずは多くの方と話してみたい…など人それぞれの希望に合わせた婚活が可能になりました。
20代の中ごろまでに結婚をするのが常識とされていた一昔前と違い、現在では30代や40代、それに50代以降や離婚歴のある方でも婚活をするのが普通です。ご自分に合った婚活方法を見つけて積極的に行動し、素敵な出会いを見つけて幸せな結婚をつかみましょう。

Topへ

© EXEO JAPAN All Right Reserved.